企業静岡県信用農業協同組合連合会【JAバンク静岡】

JAバンク静岡県信連は、信用事業(金融業)を行う都道府県段階の連合会組織として、様々な業務を行っております。貯金・貸出・為替・資金運用業務といった『一般金融機関』の仕事に加え、『JAバンク静岡』の本部として、県内JAの金融推進企画や研修相談業務等のJA信用事業をサポートする仕事を行っています。また『農業専門金融機関』として、企業と農業者のビジネスマッチングや、新規就農者支援等も行っています。

インターンシップ受入企業

インターンシップ
受入企業

この企業との交流をはじめる

ご利用にはログイン、またはユーザー登録が必要になります

会社情報会社情報

業種
官公庁・公社・団体
事業内容
■貯金等窓口業務
 静岡県下JAを主体に、一般の法人・個人の方々からご利用目的に応じた様々な種類の貯金をお預かり、また貯金商品の提供のほか、インターネットバンキング等のサービス提供、公金、公共料金等の収納業務、投資信託・国債の窓口販売及び信託代理店業務を行っています。

■為替・決済業務
 一般金融機関と同様に、振込・送金などの資金決済サービスや代金決済サービスを取扱い、静岡県下JAの為替決済本部として、為替事務センター、手形交換センター機能を担っています。

■融資業務
 各種ローンや、農業及び地域発展に寄与する設備資金や運転資金等をご用意し、地域金融機関として農業者及び農業関連団体はもとより、地元有力企業・県内に事業基盤を有する大手企業・公共団体などへ幅広くご融資しています。

■受託貸付業務
 日本政策金融公庫、住宅金融支援機構等の取扱店として、農業生産基盤の向上・教育・住宅建設等に必要な各種制度資金(長期低利資金等)を取扱っています。

■資金運用業務
 JA等からお預かりした資金のうち、融資業務による資金を除いた余裕資金について、農林中央金庫などへの預け金や有価証券・金銭債権等により、安全かつ有利な運用を行っています。
 特に、有価証券運用については、信用リスク・金利リスク等のリスク管理を徹底することにより、安全性を確保しつつ収益性の向上に努めています。

■系統金融企画・推進業務
 JA・信連・農林中央金庫が一体となって、組合員・地域の皆様に対して一層の「便利」と「安心」を提供するJAバンクシステムのもと、静岡県下JA全体の事業運営に係る企画、JAの金融事業活動に関する支援、JAのコンプライアンス態勢の強化支援に取組んでいます。

■相談・研修業務
 JA信用事業の事務処理に関するJAからの相談や、金融取引等で発生する法務・税務に関するJAのお客様からのご相談に対応しています。また、当会が主催するJA職員向け研修会等を通じ、JAの業務支援に取組んでいます。

■電算業務
 農林中央金庫が運営する信用オンライン全国システムを通じて、JAの組合員・地域の皆様に貯金・融資・為替・自動振替等のオンライン金融サービスを提供しています。
 また、窓口におけるお取引の他に、お客様に直接ご操作していただくATM、インターネットバンキング等のサービスも提供しています。
勤務地
静岡市駿河区/ 浜松市/ 富士市
創業
1948年
代表者名
代表理事理事長 田代 芳彦
従業員数
271名(男173名、女98名)
本社所在地
静岡市駿河区曲金三丁目8番1号
ホームページ
https://www.jabank-shizuoka.gr.jp/shinren/

連絡先

担当者
総務部 人事グループ 小島
電話
054-284-9651
メール
jinji@skb.or.jp

採用情報採用情報

募集職種
事務関連/ 営業・販売関連
採用区分
新卒
大卒
文系/ 理系/ 院卒
勤務地
静岡市駿河区/ 浜松市/ 富士市
研修
内定者研修/ 入社前研修/ 入社研修/ 入社1年以内フォロー研修
福利厚生・
補助・支援金
社宅・家賃補助あり

採用実績

2019年 卒
8名
2020年 卒
6名

連絡先

担当者
総務部 人事グループ 小島
電話
054-284-9651
メール
jinji@skb.or.jp

インターンシップ情報インターンシップ情報

受入時期
通年(随時)
期間
1日以上
受入人数
10名以内
実施内容
ワーク型/ 見学型
実施場所
市内
特記事項
2021年2月に開催予定です。

会社の強みのポイント

業歴30年以上

静岡でがんばる企業

仕事のやりがいポイント

資格取得等キャリア支援制度あり

成果に応じた報奨金支給あり

従業員の特徴

平均勤続年数10年以上

県内出身者50%以上

採用の特徴

選考前に社員との交流有り

説明会時のエントリーシート・履歴書不要

共通エントリーシートでの応募OK

インターンシップの特徴

社員との交流機会あり

女性活躍

ワークライフバランス重視

育児支援制度が充実

女性管理職が活躍中

人材育成

異動・配置替えの自主申請あり

定着率の高さが自慢

若手社員からのメッセージ若手社員からのメッセージ

K・A
【入社年度】2018 年 【所属部署】JA事務管理部 

JA事務管理部では、JAの職員が金融業務における事務処理を正確に行うために「事務手続」の改訂や相談業務、JAへの研修・指導を行っています。また、日々JAから金融業務に関する様々な問い合わせを受け、それに対する回答をしています。
そのため、求められる知識が多く、研修や部署内の勉強会を活用してはいるものの入会当初は自分に自信が持てずにいました。しかし、入会半年が過ぎたころ、初めて私宛ての電話をいただきました。そして回答に対して「ありがとう。」と言っていただいたことで自分の努力が報われたような気がしました。
「自分の成長が、感謝の言葉を通して、日々実感できる!」これは、JA事務管理部ならではの良さだと思います。

たくさんの企業がある中で、どこを選べばよいか悩んでいる方へ
就職活動において大切なのは、「軸」を持つことだと思います。その「軸」は例えば、「業種」「勤務形態」「自分がやりたいと思える仕事であること」「社員の雰囲気が良い」などどんな内容でも何個あっても良いものです。その軸をしっかり持つことが、数え切れないほどある企業の中から自分が行きたいと感じる企業を見つける一番の近道です。
業界や会社の情報を深く調べる、人事担当者の方と積極的に話して知りたいことを質問する、インターンシップに参加してみる…できることをたくさんやってみてください。そしてもし当会に興味をもっていただけましたら、できる限りお応えしていきますので、お問合せをお待ちしています!

S・T
【入社年度】2017 年 【所属部署】農業部 

私が所属する農業部では大きく分けて2つの業務に取り組んでいます。
ひとつは県内JAの農業融資伸長に向けた支援業務。もう一つは「JAが将来にわたって持続可能な収益基盤を確立する」ための支援を行う業務です。私は現在、後者の業務に従事しています。
全国的にJAを取り巻く環境が依然よりも厳しくなっている中で、今後もJAグループとして安定的な経営を行い農家への支援を継続的に行っていくために、主に県内JAの営農・経済事業について、成長性や課題を分析・見える化し、改善策の提案を行っています。

静岡県はお茶・みかんを筆頭に多種多様な農作物が生産されています。そのため県内JAの営農・経済事業も地域によって特性があり、多岐に渡っています。
それぞれのJAに合った効果的な改善策を検討することは難しい面もありますが、「JAが将来にわたって持続可能な収益基盤を確立する」という大きな目標の下、県内農業の振興に財務や経営面から携われることに大きなやりがいを感じています。
また財務分析やヒアリングなどを通して情報収集をしていくため、PCを使ったりコミュニケーションスキルが求められたりといろいろなスキルが必要です。
私自身現在の部署に配属となって日が浅く、まだまだ一人前とは言えませんが、上司や先輩のサポートを受けつつ実践していく中で、自分の成長を感じられていることも大きなモチベーションとなっています。

この企業からのお知らせこの企業からのお知らせ

記事がありません

この企業との交流をはじめる

ご利用にはログイン、またはユーザー登録が必要になります